【男性育休のメリット】もう仕事に復帰したくない!

子育てまとめ記事

先週で2.5ヶ月間の育休が終わりました😭

本当に娘が可愛すぎて、仕事に復帰したくありません😭

この記事では、育休を実際に取ってみて感じたメリットを紹介します。

「これは育休を取らないと絶対に分からなかっただろうな〜」というものもあるので、育休を取るか迷っている方には是非ご覧いただきたいです。

育休のメリット3選(夫目線)

ワークライフバランスの見直しができる

育休を取ってまず感じたのは、「これが求めていた人生の過ごし方〜!」です。

朝から夜まで全ての時間を家族との時間に使えることがとても幸せだな〜と感じました。

「仕事が嫌いなだけでしょ〜」と思うかもしれませんが、仕事自体はむしろ好きです。

自分の得意なことをできていて、人間関係などのストレスもありません。

しかし、今回の育休を取ることで

  • 家族と過ごすこと=人生の目的
  • 仕事=そのための手段

と自分が考えていることがハッキリと分かりました。

仕事をしているとどうしても目の前の課題を解決しようと頑張ってしまいます。

でも、早朝や夜遅くなど自分の時間を削ってまで120点の成果を目指すのはちょっと違うかな〜、と私は感じました。

育休から復帰後に気をつけたいところです🤔

ここの考え方は人それぞれなので、1つの意見としてみてもらえればなと思います☺️

ただ、育休を取って一度仕事から離れることで、自分の考えや本心を整理する機会になったのはメリットの1つかなと思います。

今後の働き方は効率に磨きをかけていきます✊

娘の成長をじっくりと感じられた

これは育休の醍醐味ですね☺️

仕事をしていると、夜中を除けば、娘と関われるのは朝起きてから出発するまでと、帰宅してから寝るまでの合計3時間程度です。

育休を取ると圧倒的に娘と関わる時間が増えます👌

関われる時間が多い分、

「表情のバリエーションが増えた!」

「新しい声の出し方!」

など細かい変化に気づけるのが嬉しかったです。

他にも「これはおむつの泣きだな〜」とか分かってくるのも嬉しいです🙂

育休を取らなくても出来ることかもしれないけど、ひとつひとつの変化を見逃さずにいれたことは幸せだな〜と思いました😌

復帰後は朝や帰宅後、休日の時間を大切にしていきます✊

育児の大変さを改めて実感

これは「夫婦双方にとってのメリットだよね〜」と妻と話しました。

「育児=大変」って誰でも知っていますよね。

でも実際にやってみると、自分は今まで知っているつもりになっていただけだと思い知らされました。。

身体的にも大変ですが、精神的な大変さがえげつないです。

自分の時間なんてないし、泣いてる理由は意味わかんないし、思い通りにならないしで、どうしてもストレスが溜まります。

これ今は2人だから交代とか出来るけど、「ワンオペになったら…」とか「2人目がいたら…」と考えたら震えました😨

世の中にはそんなパパママで溢れていて「すげ〜」と心から尊敬しました🤲

この大変さを『知っているつもり』から『経験を通して知っていること』になったことは大きな違いだな〜と感じています。

妻に育休を取って何がよかった?と質問してみると、「育児の大変さを理解してもらえている安心感がある」というのをメリットの1つに挙げていました。

今後、娘が成長して動けるようになったら、1日中目が離せないなど、大変さの種類も変わってきます。

育休の期間は終わってしまったので、これ以降知っているつもりにならないように気をつけたいと思います✊

まとめ

以上、育休のメリット3選を紹介しました。

育休中のお金や会社の制度、周りの雰囲気など、ハードルの高さは人それぞれで、まだ誰でも自由に取れる制度には完全になっていないとは思います。

一方で、育休は育休期間を充実させるだけでなく、今後の人生にもプラスに働いてくれるのも確かだと感じました。

もし次の機会があれば、半年は取りたいな〜と思っています☺️

「日本ブログ村」のランキングに参加中です。クリックして応援お願いします(´▽`) にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました