新型コロナウイルス感染症予防接種を受けました~1回目~

baby

妻です!
授乳中なのでコロナのワクチンを打つか悩みましたが、打つことに決めました!
私がワクチン接種を決めた理由、接種後の体調等について記録しておきます✎
まだまだワクチンの影響わからないことも多いので、あくまで私の考えとして参考までに読んでください!

ワクチン接種を決めた理由

その① 抗体が母乳を通してムスメに移行するかも

私がワクチン接種を決めた1番の理由は、母乳を通して、抗体がムスメに移行する可能性があるという情報があったからです。これも、確実な情報とは言えないと思いますが、その記事を読んで、私は納得して接種しようと決めました。

現状では子どもはまだワクチンが打てないので、母乳を通して少しでもムスメを守ってあげられたらいいなと思います。

その② 接種せずに感染すること、ムスメに家庭内感染することが心配

ニュースで家庭内感染で赤ちゃんが感染したのを見ると、まずは私や夫が感染しないことが一番大切だなと感じました。赤ちゃんは自分では出歩かないので、感染するとしたら同居している家族からの可能性が高いかなと思います。私たち夫婦がワクチンを打って、感染しないように気を付けたいと思います。

接種したワクチン・その理由

私が接種したのはファイザー製のワクチンです。集団接種ではなく、かかりつけ医で個別接種にしました。最初は集団接種を予約しようとしましたが、空きがなかったためかかりつけ医に連絡したところ空きがあったため、個別接種を予約しました。

ファイザー製がいいというこだわりはありませんでしたが、予約を取れたのがファイザー製であったこと、モデルナ製より1週間早く2回目を打てることからファイザー製を接種することなりました。

接種後の体調

接種直後

接種直後は病院で15分間体調確認のため待機しました。少し吐き気を感じたかな?という程度で、副反応かはよくわかりませんでした。15分経った頃にはおさまり、そのまま帰宅しました。

帰宅後

帰宅後は少しめまいを感じました。これも副反応かはよくわかりませんでしたが、家で安静にしていました。

接種6時間後に接種部の痛みと、倦怠感が出てきました。熱は36.5℃

接種9時間後、就寝前に腕が重く上がらない感覚。熱は36.7℃

接種14時間後、授乳時腕が上がらず抱っこするのが痛いが、何とか抱っこはできました。

翌日

翌朝起きると、前日より腕の倦怠感が強く、手が上がりにくいため、着替えが辛かったです。

午後には少しずつ倦怠感がよくなってきたが、手が上がりにくいのは変化なし。

夜寝るときは接種した腕側を向いて寝るのは痛かったため、反対側を向いて眠りました。

2日後

朝起きると、腕の痛みは随分マシになりました。その後、どんどんよくなって、昼頃には接種前の状態に戻りました。

結局、出た副反応は(吐き気、めまい)倦怠感、腕の痛みでした。

接種前に気を付けたこと

その① 夫婦で接種のタイミングをずらす

副反応が出てしまったとき、ムスメのお世話をどちらかができるよう接種のタイミングをずらすことにしました。私は産後1か月以上経って、体調や授乳ペースがある程度落ち着いてからがいいと思っていたので、夫に先に打ってもらいました。私は、産後2か月ちょうどの日に1回目のワクチンを接種しました。

その② 副反応が出たときの対策

発熱する可能性を考えて、授乳中でも飲める解熱鎮痛剤、熱さまシート、スポーツドリンク、ウィダーを用意しておきました。

その③ 搾乳しておく

これも副反応が出たときのための対策ですが、体調が悪くなって直接母乳を飲ませられなくなる事態を想定して、搾乳を4回分ほど冷凍しておきました。また、普段は完全母乳で直接飲ませていますが、哺乳瓶でも飲めるように、何回か搾母乳を哺乳瓶で飲む練習をしておきました。

結果としては、授乳できないほど体調が悪くなったわけではなかったので、今のところ搾乳ストックは使わず、ワクチン接種後の以前と同様に直接授乳しています。

まとめ

まだまだワクチンの赤ちゃんへの影響がはっきりしないので、不安な気持ちはありますが、ワクチンを接種したことがムスメを守ることに繋がればいいな…と思います!
ワクチンを接種するか迷っている方もいらっしゃるかと思うので、参考になれば嬉しいです(*^▽^*)

「日本ブログ村」のランキングに参加中です。クリックして応援お願いします(´▽`) にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました